結婚式特集

結婚式情報の「結婚式特集」です。

結婚式とは、婚姻を成立させるための儀式です。日本の儀式にも歴史があります。日本神話では、オノゴロ島に天の御柱を建て、イザナギが「私と貴方と、この天之御柱を廻って結婚しましょう。貴方は、右から廻り、私は左から廻り逢いましょう。」という約束をし、出会ったところで「なんとまあ、かわいい娘だろう。」「ほんとにまあ、いとしい方ですこと。」と呼び合って結ばれたという描写が結婚式の起源といわれているそうです。

平安時代には、女御と家族がいる宮中の殿舎に、天皇が三夜しのんだ後「露顕(露見)」(ところあらわし)という宴をおこないますが、これが現在の披露宴にあたります。民間でも、結婚する場合、男性が女性の下に三夜続けて通う形式で、女性側は男性と従者を接待しなければならなく、3日目には新郎新婦が披露されるという露顕(ところあらわし)が行われたといいます。

江戸時代になると、新郎の自宅に身内が集まり、「祝言」が行われたようです。そして、幕末から明治初期までの結婚式は、神前式のような形式はなく、婿が嫁方の実家で生活をするという「婿入り婚」と呼ばれる形式であったといいます。同じ村内の者同士が結婚するのは簡素なものでありましたが、村外の者同士の結婚になると、現代のような神前式にちかい形になってきたようです。

このように、以前の結婚式は自宅で行うことが多かったそうです。日本で最初の正式な結婚式は、1885年に田中智学という元日蓮宗僧侶によって創設された「立正安国会」で規定が定められたといいます。