結婚式特集

結婚式情報の「結婚式特集」です。

結婚式の前の結納

結納とは、結婚式を行う前に結婚の確約に伴う婚約式です。婚姻により両家が親族となる結びつきを、贈り物を納め合って祝う儀式になります。新郎家から新婦家へと結納品を納めるのが一般的です。

結納品とは、結納の時に両家で取り交わす金品のことですが、色々な縁起物を集めたものになります。結納のしきたりは、地域によって異なりますので事前に調べて置くようにしましょう。

納品金は、結婚の準備にかかるお金の一部を新郎側から新婦側に贈るという意味で贈られます。結納金の金額に特に決まりはありませんが、世間的には男性の給料の2〜3ヶ月分かボーナス1回分くらいとも言われています。

一方結納返しというのもあり、新婦側が新郎側から贈られた結納金の半分を返すもので、「半返し」と呼ばれたりもします。これもまた、地方によってしきたりがあり、現金を返すのではなく、記念品を贈るというケースも増えてきているのだそうです。結納金と結納返しは、両家でよく打ち合わせをし、その後の結婚式や披露宴などにかかる予算も考慮して、無理のない金額にするのがいいでしょう。

結納のスタイル

現代では、格式を重んじる結納を行うのは少数派で、最近では、仲人や新婦側の家に両家が集まって結納を取り交わしたり、ホテルやレストランなどの会場に結納と会食を行うスタイルが多くなっています。二人だけの好みでスタイルを選ぶのではなく、両家のつきあいをスムーズにする意味で、両親の意向もきいて選ぶことは大事な事です。

ホテルや結婚式場での結納は、結納用のパックプランが用意されています。結納用の飾り付けのセットから進行係まで、すべて会場側が用意してくれるので便利です。こういった結納式にかかる費用は平均で10万円〜15万円はかかりますので、予算を考慮してじっくり考えましょう。

結婚とは

「結婚」とは男女が夫婦になることです。「結婚」の文字は「婚姻」の文字と共に漢籍を由来とし、かつて平安時代には、「婚姻」の言葉の方が用いられることが多かったのですが、明治時代になると、「結婚」という言葉の方が主に使われるようになったといいます。そしてすでに結婚していることを「既婚」といい、まだ結婚していないことを「未婚」といいます。

結婚の定義も日本では、戸籍に記載される婚姻を結婚と定義したり、社会的結びつき、経済的結びつき、人間的結びつきなど、血縁関係にない男女がえられる結びつきなので、結婚はある意味「契約」のかわしという事になります。日本の場合、結婚できる年齢は男性が18歳以上、女性が16歳以上ですが、それ未満の年齢の場合は親の同意が必要で、また、2009年には、男女共に結婚できる年齢を18歳以上に統一すべきとの報告もあり、今後法律の見直しが検討される可能性があります。

結婚は国によって形態が異なります。日本では一夫一婦制で、1人の男性に対し、1人の女性という結婚形態になります。他の国では、一夫多妻制や一妻多夫制など私達が考えられないような結婚形態もあり、また、同性結婚といって男性と男性、女性と女性というように同性同士の結婚が認められている国もあります。日本では同性結婚の場合、性同一性障害と医師から診断を受け、性同一手術(性転換手術)などを行い、見た目が異なる姓になっている人は、家庭裁判所で性別の変更の審判を受ける事ができるので、同性の結婚も可能になるといいます。

結婚式の歴史

結婚式とは、婚姻を成立させるための儀式です。日本の儀式にも歴史があります。日本神話では、オノゴロ島に天の御柱を建て、イザナギが「私と貴方と、この天之御柱を廻って結婚しましょう。貴方は、右から廻り、私は左から廻り逢いましょう。」という約束をし、出会ったところで「なんとまあ、かわいい娘だろう。」「ほんとにまあ、いとしい方ですこと。」と呼び合って結ばれたという描写が結婚式の起源といわれているそうです。

平安時代には、女御と家族がいる宮中の殿舎に、天皇が三夜しのんだ後「露顕(露見)」(ところあらわし)という宴をおこないますが、これが現在の披露宴にあたります。民間でも、結婚する場合、男性が女性の下に三夜続けて通う形式で、女性側は男性と従者を接待しなければならなく、3日目には新郎新婦が披露されるという露顕(ところあらわし)が行われたといいます。

江戸時代になると、新郎の自宅に身内が集まり、「祝言」が行われたようです。そして、幕末から明治初期までの結婚式は、神前式のような形式はなく、婿が嫁方の実家で生活をするという「婿入り婚」と呼ばれる形式であったといいます。同じ村内の者同士が結婚するのは簡素なものでありましたが、村外の者同士の結婚になると、現代のような神前式にちかい形になってきたようです。

このように、以前の結婚式は自宅で行うことが多かったそうです。日本で最初の正式な結婚式は、1885年に田中智学という元日蓮宗僧侶によって創設された「立正安国会」で規定が定められたといいます。