結婚式特集

「結婚式特集」の結婚式の準備のページです。

  • HOME
  • 結婚式の準備

結婚式の日取り

まず結婚式の日を決めましょう。結婚式の日は、「大安吉日」を選ぶ方が多いですが、最近ではこだわらない方達もいらっしゃるようです。招待客の中には年配の方など、お日柄や縁起を気にされる方もいるかもしれません。また、お日柄のいい日は、会場が込み合っている可能性もあり、予約がなかなか取りにくい場合もあります。その為、半年から1年ぐらい前からしっかり計画を立て、余裕をもって日取りを決めて準備をしましょう。

結婚式は、6月のイメージがある人も多いと思います。なぜ6月なのでしょう。ヨーロッパでは6月に結婚した花嫁は幸せになれるという言い伝えがあり、日本でも「ジューンブライド」といってヨーロッパの風習が取り入れられ、6月に結婚式をあげる人が多くなったといいます。

6月のヨーロッパは、1年中でもっとも雨が少なく良い天気が続く為、結婚式にはとてもふさわしい時期だそうです。しかし、日本の6月は梅雨の時期になります。一生に一度の結婚式に、天気も悪くじめじめした印象だとせっかくの結婚式がもったいないです。ヨーロッパから伝わる伝承をそのまま信じて6月に結婚式を挙げるか、もしくは、天気の事や招待客の事を考えてそれ以外の月に変更するか悩むところですので、その事も含め、日取りは慎重に考えていきたいものです。

日本では、9月から12月にかけての秋頃に結婚式を挙げる人が多いといいます。とくに、10月10日から10月19日あたりが結婚式が一番多い日だそうです。また最近では、「良い夫婦の日」にちなんで11月22日に挙げる人も多いです。

結婚式を挙げる日でなるべく避けたい日があります。お盆、お正月などの季節の行事、それから連休のど真ん中やゴールデンウィークの連休など、当人がよくても招待客にとってはいい迷惑になる日もあります。なるべくイベント中は避け、招待客が来やすい日で、とくに人気の土曜日や祝日を選ぶと喜ばれるでしょう。

結婚式の準備

結婚式の日取りが決まれば、次に、結婚式会場・披露宴会場を探して予約をします。人気の会場や大安吉日などの良い日には、予約が殺到する可能性もありますので、半年から1年ぐらい前から余裕をもって予約をしなければいけません。また、挙式のスタイルはどうするのか、会場の場所はどこにするのかなど、予算や招待客の事も念頭にいれながら計画を進めていかなければいけません。

結婚式の日と会場が決まったら、まだまだやらなければいけない事がたくさんあります。招待客はどういう人を呼ぶのか、ウエディングドレスや衣装はどうするのか、ブーケはどれにするのか、引き出物や披露宴のお食事はどのスタイルにするのか、二次会の計画、などなど時間に余裕がないと出来ない事も多いです。

仕事や家事で時間に追われ、忙しい方も中にはたくさんいるかと思いますが、結婚式は一生に一度の晴れ舞台です。当人達はもちろんですが、招待客も楽しみにしています。素晴らしい結婚式を挙げる為にも、何度もいいますが、余裕をもって結婚式の準備をしてください。しっかり話し合って納得のいく結婚式の準備ができれば、当日はとても素敵な結婚式が待っていると思います。