結婚式特集

「結婚式特集」の招待状作成のページです。

招待状を作る

招待状とは招待客に結婚式の報告をするとても大切なものです。招待状のイメージが、二人の結婚式や披露宴のイメージに直結するというぐらいなので、失敗のないようちゃんとした招待状を作らなければなりません。また、招待状の内容は「いつ、どこで、どんな結婚式を行うか」をちゃんと明記し、できるだけ挙式の2ヶ月前には発送できるように準備しましょう。

招待状の作成方法ですが、プロに依頼することと自分達で手作りすることのだいたい2通りあります。プロに依頼する場合、多少手作りよりはコストがかかりますが安心して任せられます。自分達で手作りする場合も、インターネットや本などに詳しく書かれていますので参考にできますし、パソコンだと作成用のソフトなどもありますので便利です。しかし手作りの場合は、ミスもしがちなので必ずチェックするようにしなければいけません。

招待状の差出人名義は、基本的には披露宴費用を出す方が主催者、差出人となります。最近多いのが、ご両親をゲストとしておもてなししたいという二人の希望もあり、この二人が主催者になることです。両親名義か新郎新婦名義のどちらにするかは大事な部分でもありますので、両親とも話し合って決めましょう。

招待状の宛名書きはボールペンやサインペンなどよりも毛筆が一般的です。招待状の宛名はその披露宴の第一印象を決めるものですので、できれば字が上手な方にお願いするか、あるいは、プロに依頼するかしたほうが良いでしょう。

招待状は家族に1枚です。もしかすると失敗して汚してしまうなんてこともあるかもしれないですし、後から招待するゲストも出てくる可能性もありますので、招待状は多めに発注したほうが良いでしょう。