結婚式特集

「結婚式特集」の教会挙式のページです。

教会挙式とは

日本では、信仰とは関係なくキリスト教徒の結婚式を模した教会挙式で結婚式をあげる人が多いです。キリスト教徒ではない人が、気軽にキリスト教の聖堂に似せた建造物でキリスト教式の結婚式の雰囲気を味わうことができます。これは「ウェディングチャペル」とも言われ、ホテルや式場に建造され、誰でも式を挙げることができます。

現在の日本では、キリスト教徒は人口の1%とごくわずかで、教会に通う信者は教会で結婚式を挙げることができます。信者ではない一般の方が行う場合は、やはりチャペルになりますが、最近ではマスコミなどの宣伝効果や、ウエディングドレスやバージンロードを歩くことなどに憧れをもつ人達が多く、ウェディングチャペルも人気があります。

教会挙式の進行としては、牧師が司式し、新郎が祭壇の前で花嫁を待ちます。ウェディングドレスを身にまとい、ウェディングブーケを持った新婦が新婦の父親(又はエスコートする者)によってバージンロードを歩き、登場します。そしてエスコートする者が新婦を新郎に引き渡し、牧師の進行によって、讃美歌、聖書の朗読、誓いの言葉、指輪の交換などが行われます。

一連の流れが終わり、新郎新婦が退場する祭には、新婦が持っていたウェディングブーケを、友人・親族等にブーケトスをする演出もあります。新婦が背中越しにブーケを投げるとブーケの争奪戦が始まります。ブーケを手に入れた人は、次に結婚できるという素敵な説もあり、結婚式の楽しみな演出のひとつでもあります。

また挙式を終えた後は、列席者が新郎新婦に花びらを撒いてお祝いするフラワーシャワーや、ライスシャワーなどがあり、そして一人一人が手に持った風船を一斉に空に飛ばすバルーンリリースなど、楽しい演出も盛りだくさんあります。

その他の演出では、挙式の入退場や式の合間に、バイオリンやオルガンなどによる生演奏や、聖歌隊、ゴスペルシンガーによる生歌をお願いすることもできます。特に生歌の場合、会場にキレイな声が響き渡るのでとても感動的です。

このように教会挙式では、色んな演出を考えることで個性的で素敵な結婚式をつくる事ができます。教会挙式は、約20分〜30分ぐらいです。この短い時間の中で、いかに思い出深い結婚式にするか、前もってイメージやアイディアを練って準備しておくといいでしょう。