結婚式特集

「結婚式特集」の神前式のページです。

神前式とは

神前式は、大正天皇のご成婚を記念して行われたのが始まりです。お宮参りや初詣、各種祈願などには神社を訪れます。結婚という大事な節目に神社を訪れる人も多いかと思います。結婚式はほとんどの神社で行うことができ、新郎新婦の宗派も関係ありません。本来は、正式な神社で行うものですが、結婚式場やホテルなどには神殿があり、神社と同じように式を挙げることができます。

神前式の式順は基本的には決まっています。まず、巫女の先導で新郎新婦が入場します。その後に媒酌人、新郎両親、新婦両親、新郎親族、新婦親族の順で入場をし、最後に斎主が入るという順になります。司会進行役が式の始まりを宣言し、その後、三々九度の杯を交わしていきます。三々九度とは、一二三の三度の杯を三回ずつ受けるので3×3=9ということであります。

それから、新郎新婦が誓いの言葉を読み上げ、玉串を神前に捧げ、続いて媒酌人、親族代表が行います。両家が親族となった誓いを交わした後、杯を戴き、斎主の進行によって式は終了、斎主退場の後、新郎新婦、媒酌人、親族の順に退場します。神前式には、基本的に親族のみの入室になります。

神前式は、このように厳かな雰囲気の中行われていきます。衣裳も基本的には和装で、洋装でもいいのですが、肌の露出を抑えたものでなければいけません。最近では芸能人の間でも神前式は多いですし、日本の古き伝統を重んじて独特な雰囲気が逆に新鮮だと、若いカップルにも人気がでてきているのだそうです。